「地域医療創成」を目指す株式会社田無薬品のホームページ

仕事もプライベートも充実しています

Q.現在の業務内容を教えてください。


入社7年目です。田無本町調剤薬局に勤務して5年になりました。外来業務だけでなく、在宅医療や高齢者施設の薬の管理、リクルート業務に携わっております。

Q.入社の理由は?

1番の理由は、地域密着型の薬局で、多職種との連携が強いことです。また、『患者さんのために』という思いが根底にある会社だと感じたからです。

店舗見学をした時の在宅同行が決め手となりました。学生の頃は、在宅医療は単に薬のお届けのイメージを強く持っておりましたが、多職種の方と連携して、患者さん1人1人と向き合っている姿をみて、こんな薬剤師になれたらと思いました。


Q.実際入社してみてどうだった?

とてもアットホームな会社だと思いました。会社全体で4店舗なので、所属店舗が違っても、全員のことを知っているような環境です。
仕事面では、分からないことは先輩方が丁寧に教えてくださったり、難しい内容は一緒に考えてくださったり、いつも助けて頂いております。

『患者さんのため』を大事にしている所は入社前後で変わりありませんが、一方で時代に取り残されず変化する会社だと感じました。例えば、昨今、薬剤師の業務は対物から対人へとシフトしていると思います。当社では、様々な調剤・鑑査支援機器を導入して、より対人業務に時間を費やせるようになっています。

入社当初は、薬剤師としてちゃんと働けるか不安もありましたが、毎日、先輩薬剤師が隣について、調剤をはじめ投薬まで一通りの仕事を教えていただきました。また、業務後、その日の自己評価をし、定期的に研修担当の薬剤師と面談がありました。その都度、分からない事、悩んだ事などを丁寧に聞いて下さり、不安なく独り立ちすることができました。もちろん研修が一通り終わってからも、先輩方が常にサポートして下さいます。


Q.プライベートと仕事の両立について

有給休暇は、実は毎年全て消化しています。
旅行が好きで、年に何回か国内、たまには国外にも行っています。
また、社員は1年に1回学会に参加しています。去年は日本社会薬学会に参加し、「薬学部女子学生の就職活動中の意思決定支援の在り方の考察」というテーマで発表をしました。学会の翌日に有給休暇を入れて、学会に参加しつつ、観光も楽しんできました。


Q.これからのキャリア、目指す所などあればどうぞ!

もともと、地域薬局の“健康相談”の役割に興味があり、去年は健康サポート薬局研修を受けました。当社では生涯学習支援制度があり、研修費用の援助をしてくれます。地域の方の健康相談に対して、ご提案の幅が広げられるように、専門薬剤師の資格も取りたいと思っております。

PAGETOP
Copyright © 株式会社田無薬品 All Rights Reserved.